Overwatch BETA

投稿日:

ScreenShot_16-05-07_18-04-46-000D.VAの可愛さに釣られてOverWatch BETA プレイ!

5月5日~5月11日の2時まで無料にて開催されているOPEN BETA TEST

D.VAの可愛さに釣られたクマーʕ•ᴥ•ʔして、遂に体験してきました。

今回はブログ開設以来初のスカイリム以外の内容なのでガッカリする方もいらっしゃらないとは思いますが、mobearから見たFPS [Over Watch]をレビューしていきたいと思います。

といっても、FPSをまともにやるのは「Left4Ded2」以来、しかも武器はライフルしか殆ど使わないという意味不明スタイルな自分なので参考にならないのは必至……ッッ!!

ですので、日曜日のひつまぶしとしてご覧いただければ嬉しいです。

 

 

と、ザックリマッチングをして遊んでいました。それはそれはもう金曜日の深夜から初めて、気が付いたら土曜日のお昼になっていたという位に。こんなにもゲームに熱中したのは、大学生の時に友人とメタルギアスネークイーターやった時以来ですよ。いやー、本当にあっという間の楽しい時間でした。

始める当初はWindows7をSP1にアップデートしないとインストールできなかったので半ば諦めようかと思っておりましたが、思い切ってアップデートして大正解。これは製品版が発売される24日まで楽しみですね! まだ10時間足らずのプレイですが、もう購買意欲を刺激されました。

なのでBETA、今後修正される可能性大ですが、今後の為にも自分なりの感想でも残しておこうと思います。今回は戦っている時に感じた相性の悪さについて。

良くも悪くもD.VAは個性がないと言われ始めているキャラなので、苦手意識になるキャラが多いように見受けられます。

 

D.VAと相性がよくない(BETA時)と思われるキャラクター一覧

D.VAと相性がよくないキャラクターとして、まず最初に挙がるのが「ゲンジ」

このキャラは相手の銃弾を弾く(弾かれた弾で攻撃を受ける?)のでロボ非搭載時は懐に入られた瞬間、刀で切られて終わり。なのでロボに乗っていない場合は地形を上手く活用して相手の背後に回るか、ヒットアンドウェイをするしかない。逆にロボに乗っている場合は連射して体力を削り、ブーストでのヒットアンドウェイ、もしくは近接で倒す。 相手が攻撃中の場合は弾かれる事もないので、ロボを破壊される前提で殴り合う位の意気込みが勝利に繋がるのかもしれない……。

 

「トレーサー」と「ソルジャー76」は非ロボ搭載時に相性が良くない印象を受けた。

この2人に共通するのが弾幕の数が尋常じゃないので避けることが難しい。また、トレーサーは瞬間移動をして一気に視界から消えるので建物内の場合、被弾してから相手の場所を把握する事が結構ある。そうなると完全に後手なのでエイム力の高い相手だとまず殺られる。

ソルジャー76は必殺技の発動にどうしても気付けず、必中攻撃でアフンされるのがテンプレ。

対処法としてはやけくそになって接近戦を挑むのが一番いいのではないのかと。

わりと冗談でもなく、D.VAの通常攻撃は銃弾みたく着弾速度が早くない(メトロイドのサムスみたいにフワッとしたビーム(シリーズによる)感じなので、距離が開けば開くほど相手の動きを先読みしなければならない。そうなると圧倒的にこちらの被弾数が増えるので、こちらも当たりやすい近距離~中距離以内の状況で戦えば可能性も上がる。 D.VAは距離に応じて、どれだけ相手の動きを先読みした照準ポイントを狙えるかが勝つ為の秘訣になってくる。そうすれば、ロボットを破壊して調子に乗って畳み掛けに着た敵を追い返し、逆に追い掛け回してトドメを差すことも出来たりする。

 

こちらは重量級の面々。一部”じゃない”方もまじってますが尺の都合上申し訳ない。

「ラインハルト」「ウィンストン」「ロードホッグ」はとにかく硬い。硬いのでタンクタイプのD.VAでも体力負けするのが殆ど。なのでロボ非搭載時になってしまった場合は十分に距離をとってとにかくヒットアンドウェイ(ヘッドショット必須)で希望が見えてくるかもしれない……。

ただロードホッグはチェーンを使って相手を手繰り寄せる事ができる、ウィンストンは暴走して跳躍力が格段にアップする事ができるのでヒヤッとしてからのノクッだうんされることもしばしば。 何とか良い立ち回りとか希望の見える攻撃方法はないものか……。正式サービスが始まってから対処法を見つけ出したほうがよさそうな感じなのかもしれない。

あ、それとねメイさん。氷付け攻撃卑怯過ぎます。

 

そんなワケでありまして、12時間ぶっとうしで遊んでしまうほどの面白さ

『Over Watch』

のBETAプレイ体験でした! チームプレイが鍵を握るゲームなので、今回の記事はあくまでもタイマン張ってしまった場合のみに限られます。当たり前ですが後ろにヒーラーが控えていればまた違った立ち回りをしなければなりません。 また、このゲームはチームバランスも重要になってくるので1つのキャラクターに固定してプレイをする事はあまり認められていない風潮の様です。自分みたいに1つのモノを極めようとする癖のある人は、もう1~2つのキャラクターを使える様になったほうがいい場合もあります。

どうしてもという場合は「みんなが何を選ぶのか待って、自分の持ちキャラが選ばれて無かったら最後に選ぶ」のが一番ベターなのかもしれません。まあそれはそれで「○○がないから○○選んでよ」という指示も飛ばされたりするのでなんとも言えませんが……。

ともあれ、三大欲求の食欲と睡眠欲を忘れてしまう程の面白いゲームですので、まだ間に合う方は今からプレイするのをオススメしますよ! れっつおーばー!!

広告

名前とメールの入力は必須ではありません。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中